事業・財務資料

TOP

事業・財務資料

  • TOPページへ戻る
  • 道鳶連について 事業活動や沿革など
  • 講習会について 道内各ブロックの講習会
  • 事業・財務資料 事業、財務資料など
  • リンク  関連団体に関するHPリンク
  • 講習会について 講習会内容・日時などのご紹介
  • 事業・財務資料 事業、財務資料のご紹介
事業・財務資料

事業計画・活動報告

平成31年度 事業計画

総論        鈴木 会長

  • 6月に行われる全道競技大会の開催準備をしっかり行い全国技能五輪へ優秀な選手を送り出したい。
  • 道連として外国人労働者の受け入れ体制の基盤づくり協力し人員の確保を行ない労働力不足解消に寄与していける体制作りを行なっていく。
  • 理事の数を5名増加、より全道各地からの意見を取り入れ易くする。

経営・総務委員会      中野委員長

  • 昨年に引き続き実施管理者、講師の説明会を行い講習制度運用の充実を図っていく。
  • 例年どおり北海道神宮参拝「安全祈願」を行なう。
  • 2022年の道鳶連創立50周年記念事業準備を継続して行っていく。

技術・技能委員会     三浦委員長

  • 技能講習試験問題の見直しを継続して行なっていく。併せて指導要領に沿った形で実技試験の運用、判定の基準を平準化していく。
  • 技能検定(とび1級2級)についても判定基準の平準化を図っていく。
  • 全道競技会の課題を決定する。
  • 講習受講資格の確認等を指導・徹底させ受講に際してのトラブルを未然に防ぐ。

平成30年度 事業経過報告

総論    鈴木 会長

  • 平成30年は北海道命名150周年に伴う「北海道祭」「開拓神社大神輿渡御」等の行事に会員の協力のもと一致団結して関われることが出来た。
  • 業界における人材不足に対応。外国人技能実習制度を理解すべくヴェトナムの関連団体などによる説明会の開催を行なった。

経営・総務委員会    中野委員長

  • 会員増加は期首の166名が168名と微増した。
  • 技能講習は33回開催、595名が受講。順調に推移。
  • 平成33年に迎える道連50周年記念事業の計画・準備を進めている。

技術・技能委員会     三浦委員長

  • 技能講習試験問題の見直しを行なっている。(継続的に行なう)
  • 法律改正によりフルハーネスの特別教育が必要になったが各地区で特別教育開催がスムーズに開催できるよう情報発信し協力した。
  • 平成31年開催の全道競技会(全国技能五輪予選)の開催準備を行った。