事業・財務資料

TOP

事業・財務資料

  • TOPページへ戻る
  • 道鳶連について 事業活動や沿革など
  • 講習会について 道内各ブロックの講習会
  • 事業・財務資料 事業、財務資料など
  • リンク  関連団体に関するHPリンク
  • 講習会について 講習会内容・日時などのご紹介
  • 事業・財務資料 事業、財務資料のご紹介
事業・財務資料

事業計画・活動報告

令和3年度 事業計画

1 会務に関する事業

会 議 名 等 実 施 計 画
総 会 年1回 令和4年 2月
理 事 会 年4回 令和3年 1月・5月・9月・11月
二 役 会 年4回 令和3年 1月・4月・8月・10月
監 事 監 査 年1回 令和4年 1月
委 員 会 年4回 令和3年 1月・5月・9月・11月

2 技能向上に関する事業

事 項 実 施 計 画
技能講習の実施 働く人達の技術と地位の向上を図り産業の発展に寄与する

 実施科目(8科目)

科 目 回 数 受講者数(人)
鋼橋架設等作業主任者技能講習 2 50
足場の組立て等作業主任者技能講習 6 150
地山の掘削及び土止め支保工作業主任者技能講習 2 20
型枠支保工の組立て等作業主任者技能講習 2 20
建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者技能講習 4 100
小型移動式クレーン運転技能講習 2 20
高所作業車運転技能講習 2 20
玉掛け技能講習 4 50
24 430

3 協力協定に関する事業

事 項 実 施 計 画
技能検定実技試験の実施 北海道職業能力開発協会会長より選任された主席技能検定委員の指示に従い外国人実習生を対象とした随時技能検定実技試験の実施に関し技能検定委員の推薦及び派遣・試験設備等の協力を行う。
開催地区は原則道央(札幌)道南(苫小牧)道東(釧路)の3地区とする。
外国人の入国時研修の実施 外国人技能実習生の入国時教育期間内において、就労時に必要となる下記の特別教育を講師の派遣・資材等の提供をして実施し支援する。
・足場の組立て等作業従事者特別教育
・フルハーネス型安全帯使用作業特別教育

4 伝統・文化の継承活動に関する事業

事 項 実 施 計 画
伝統文化講習会の開催 令和2年度はコロナ禍で開催を見送ったが、今年度に延期し、木遣り・梯子のり・纏ふり等の伝統文化を後世に残すべく開催する。
委員会を開催し再度実施内容の検討を行う。
北海道祭等への参加協力 日頃の鍛錬の成果を発する場でもあり、多くの観衆にアピールすると共に伝統の技を披露し、伝統文化を継承、継続する重要性を伝える。
北海道若鳶会への助成 青年技能者として働きながら、伝統技能の研さんに励み出役により広く一般に対して伝統文化に触れる機会を提供している。
伝統文化継承には欠かせない存在であり若鳶の育成のためにも道鳶連として次代を担う北海道若鳶会へ助成し支援する。

5 会員及び組織に関する事業

事 項 実 施 計 画
道鳶連50周年記念事業 委員会を開催し、記念誌の内容・紙面割りを決定するとともに必要資料の取りまとめを行い原稿打ち込みの前段階まで進める。
式典・祝賀会の実施案に関しても予算案を作成しより具体化させる。節目の記念事業となるので各支部の協力を得て行いたい。
北海道神宮安全祈願 例年通り、今年一年の安全祈願と業務円滑を願い総会前に行う。
組織の拡大整備 各支部にて企業への会員加入を促進し会員数増を図る。
併せて、賛助会員の加入促進を図る。